これからもがんばろうね。チロ

これからもがんばろうね。チロ

これからもがんばろうね。チロ

我が家には、7歳になるミニチュアダックスフンドのチロがいます。
7年前にペットショップで一目ぼれして小さい娘たちと一緒に、家族の一員として一緒に暮らしています。
毎日の散歩が日課で、短い脚をチョコチョコと一生懸命動かして歩くすがたがとってもかわいいチロです。
そんなチロが先月、散歩に連れて行こうと思うと思うと足をひきずってとても痛そうにしているのです。
次の日になっても痛そうなので、急きょ動物病院に行くことになりました。
病院の先生の診察では、しばらく痛み止めの注射を打って様子を見ましょうということで注射を打ってもらい帰宅。
しかし症状は変わりません。
気になったので、次は評判のいい少し離れた動物病院へ。するとヘルニアになっているとのこと。
しかも重傷ですぐにでも手術が必要と言われ、わが家族はショックを受けました。あと一週間ほど早かったら、手術せずに
済んだのにと言われた時は、どうして最初からこの病院に連れてこなかったのかという後悔ばかりでした。
でもチロが少しでもよくなるように、私たちがしっかりしないとと家族で話し合い、手術をお願いしました。
手術は成功し、リハビリ入院がはじまりました。
背中の傷が痛々しく私たちが病院に行くとうれしそうにすり寄ってきて早く連れて帰ってというような目をしているので、とてもつらかったです。
術後一週間、やっと我が家に帰ってきました。すぐには歩けませんしリハビリがこれからも長く続くようです。
足を引きずりながら、私たちに甘えてくるチロ。
私たち家族は歩けるようになると信じてチロと一緒に頑張っていこうと決心しました。